CITY GUIDE THE PADDLERが紹介するとっておきのスポット

GUIDE SPOT 逗子マリーナから和賀江島に抜ける道に眺める夕日 逗子 | 景色

Photos:Nobuo Yano  Text: Paddler

鎌倉時代、鎌倉と諸国を結ぶ船で賑わった材木座海岸。和賀江島(わかえじま)は、かつて遠浅だった海岸に、大石を基礎に丸石を積みあげ造った日本最古の人工築港だ。今では、満潮時には海面下に、干潮時には大石が現れる遺跡となり、古を偲ばせる稀少な景色となっている。

このあたりが最も美しい景色に包まれるのが、夕暮れ時だ。とりわけ逗子マリーナから和賀江島方面へ抜ける海沿いの小道に眺める夕日は格別だ。巨石に打ち寄せる波と茜色に混じり合う空と海。そして正面には、美しい輪郭をなす富士山と、それに寄り添うかのように浮かぶ江の島の姿が。

古から変わらぬ心揺さぶられる絶景。自然への敬意、比類なき湘南のランドスケープの美しさに振り返らぬ人はいないはずだ。

DATA

逗子マリーナから和賀江島に抜ける道に眺める夕日

神奈川県逗子市小坪5丁目13

RECOMMENDED BY

「冬の夕暮れ時に行くと日没、富士山、透明できれいな海を見ることができ感動します」

小島 景さん