CITY GUIDE THE PADDLERが紹介するとっておきのスポット

GUIDE SPOT 大くに 鎌倉 | 和菓子屋

Photo: Nobuo Yano  Text: Paddler

鎌倉の観光客の喧騒を背に、地元の日常の営みを肌で感じさせる大町に「大くに」は店を構える。鎌倉駅から材木座海岸へ向かう道のり、徒歩7~10分程度。海から上がったサーファーが時折店の前を自転車で通りすぎてゆく。

何よりも「大くに」の魅力は、クオリティの高い和菓子を、庶民の手に取りやすい価格で提供するところだろう。1936年創業、茶道が栄えた鎌倉で磨き上げられた上生菓子の老舗は、厳選した上質の素材と手を抜かない昔ながらの職人技を、惜しみなく庶民のために使う。3代目店主、山内行光さんと弟で職人の浩三郎さんの日々の仕事は、まさに質の高い伝統を、日常に生きる和菓子を通じて受け継いでゆくこと。

四季折々の生菓子が200円代、どら焼きは170円(税込)などと、その価格とそれを遥かに上回るおいしさと価値に誰もが驚ろかされる。代々ファンを抱えてきた人気商品と言えば、餡(あん)を生麸(なまふ)で包んだ「麩(ふ)まんじゅう」。もっちりした生地にほんのり香る青海苔がクセになる。また、「波乗りまんじゅう」といった湘南らしいユニークな一品もある。サーファーでもある山内兄弟の鎌倉での日常と伝統技のマッチングだ。コーヒーもしくは杏の餡が、しっとりとしたパウンド生地に包まれ、波乗りの後のブレイクに最適だ。

「奇をてらわない、普通の和菓子屋で良いと思っています」と語る山内さん。これからもここ大町で、大くには地元民とともに歴史を刻んでゆく。

DATA

大くに

神奈川県鎌倉市大町2-2-10
Tel. 0467-22-1899
OPEN. 9:00~18:00 
CLOSE. 月 *但し祝日の時は火曜日の場合あり

RECOMMENDED BY

「ローカルヒーローが作る、鎌倉の老舗和菓子屋。クラシックな和菓子と四季を感じさせてくれるアーティスティックな創作和菓子は見て和み、食べてはほころぶおいしさ。波乗り後の大くにの和菓子は、ほどよい甘さが体にしみ最高です」

加藤忠幸さん