CITY GUIDE THE PADDLERが紹介するとっておきのスポット

GUIDE SPOT オクヤマリョウタ 茅ヶ崎 | 居酒屋

Photos: Nobuo Yano   Text: Akiko Kajikawa

カラフルなダウンライトと家紋入りの暖簾をくぐると、一気にレトロな世界に入り込む。「オクヤマリョウタ」は “昔ながら”の居酒屋だ。東京・恵比寿の90年代のナイトカルチャーを語る上では外せない某有名居酒屋で働いていたオクヤマ氏が、若い人も入れる同じような店を開きたいと、サーフィン仲間などが多く住む茅ヶ崎で2013年に店を開いた。今では地元の20〜30代に加え、東京から越してきた40〜50代の常連も増えてきている。

その料理は、毎日市場で仕入れる鮮魚の刺身や焼魚、煮込みに枝豆、ポテトサラダやコロッケといった懐かしい味のもの。例えばポテトサラダなら、決してアンチョビを入れた創作系ではない。昔から食べられてきた素朴なもの。それがオクヤマ氏の言うところの “昔ながらの” ということなのだ。

定番メニューに加え、壁に貼られているおすすめには、豚のしょうが焼きといった誰もの好物メニューや、アボガド納豆などのザ・居酒屋メニューも並ぶ。それは若い人には新鮮に映り、懐かしく思う年代には心に響く料理なのだ。飽きがこないおいしい料理に、週に何度でも通いたくなる。

必ずと言っていいほど誰もが注文する「たこめし」は、タコとご飯を炒めて味付けし、ネギ、大葉、刻みのりをのせ、好みでレモンとたたいた梅を添えていただく。シメにはもちろん、お酒も進む一品だ。お酒はなんでも揃うが、焼酎、日本酒もなかなかの充実ぶり。地元茅ヶ崎の「熊澤酒造」が作る「天青」がグラスで飲めるのもうれしい。

店内はレトロ感を醸し出す年代物のポスターに、レゲエの音楽やサーフィンの映像などオクヤマ氏ならではのテイストが加わり、独特のいい雰囲気に仕上がっている。懐かしくしてどこか刺激的な場所。近くにこんな店があってよかった、と誰もが思う居酒屋だ。

DATA

オクヤマリョウタ

神奈川県茅ヶ崎市幸町24-6
Tel. 0467-33-5652
OPEN. 17:00~24:00 / L.O.23:00(月・火・木〜日)
CLOSE. 火(隔週)、水

RECOMMENDED BY

「東京時代に遊んでた仲間のお店です。僕とは違う切り口で茅ヶ崎を盛り上げている居酒屋。ここのつまみは安くてうまい! 刺身の付け合せまでおいしいんです。リラックスして飲みたい時に行きます」

安藤佑一さん