CITY GUIDE THE PADDLERが紹介するとっておきのスポット

GUIDE SPOT ブーランジェリーヤマシタ ニ宮 | パン屋・カフェ

Photo: Yuko Saito  Text: Paddler

吾妻山の裾野の緑を背景に、慎ましやかに佇むブーランジェリーヤマシタ。1坪ほどの店内は、やっと3人の客が入れる程度。そこには、ていねいに見やすく並べられた30種ほどのパンが、素朴ながら美しい景色をなし、食欲を掻き立ててくる。いつもここで思い起こすのが、建築家、ル・コルビュジエの「カップ・マルタンの休暇小屋」だ。南仏で夫人と最小限の暮らしを営むために、コルビジェが建てた8畳ほどの小屋。簡素極小にして、住み手の美意識と人生観が凝縮されたものだ。

それは、パン職人でオーナーの山下雄作さんが作るパンにおいても感じられるもの。基本は、粉・塩・水・自家製天然酵母と、できるだけ削ぎ落とした材料で手作りされる。シンプルなだけに偽れない。噛むほどに甘く、滋味が滲み、ていねいなものづくりの姿勢がダイレクトに伝わってくる。

そんなパンをお目当てに、今日も客足は朝から絶えない。遠方からやって来る客にもくつろいで欲しいと店バックヤードに設けたカフェでは、パンと一緒に、香ばしいコーヒーや野菜たっぷりのスープ、サラダも楽しめる。作り手と買い手の距離が近く、まるで鳥のネストにいるかのような居心地もここの魅力だ。

デンマーク暮らしを経、北欧家具メーカーにてデザインと家具の第一線で活躍をしてきた山下さん。誰の価値観にも左右されず、素の自分に戻れる場所を求め、行き着いたのが二宮という町、そしてパン職人の道だったという。今、山下さんは、自らのルーツを大切にする気持ちをパン作りの喜びに重ねている。

DATA

ブーランジェリーヤマシタ

住所:神奈川県中郡二宮町二宮1330
Tel. 0463-71-0720
OPEN. 10:00~
CLOSE. 日・月

RECOMMENDED BY

「日本での生活が長くなると、北欧の生活を思い出し、ここのパンが恋しくなります。時間のある時はカフェスペースで食事をしながら、次の北欧買い付けのことを考えます」(山口)

山口太郎さん