CITY GUIDE THE PADDLERが紹介するとっておきのスポット

GUIDE SPOT 湘南港(橋横) 藤沢 | サーフポイント

Photos:Junji Kumano  Text:Paddler

湘南はいわずと知れた、日本を代表するサーフィンの聖地だ。相模湾の海岸線には、数多くのサーフスポットが存在する。ビーチからリーフ、リバーマウスなど、波の種類は豊富で多くのサーファーを魅了してやまない。波数は千葉など他のエリアに比べて決して多くはないが、ひとたびグランドスウェルが入れば、目を見張るようなクオリティの波がお目見えする。

この湘南港と呼ばれるサーフスポットも、そのひとつ。国道134号線から江の島へ向かう橋の東側、島のすぐ手前でブレイクする波だ。その場所から、「橋横」と呼ぶ地元サーファーも少なくない。決してサイズは大きくないが、メローかつロングウォールでロングボーダーを中心に多くのサーファー達をひきつけてる。背後には江の島のヨットハーバーが控え、まるで南カリフォルニアのようなロケーションでサーフィンを楽しめる。

この橋の西側には大六(だいろく)と呼ばれる有名なクラシックポイントがある。こちらはサイズもあり比較的ホローな波で、エキスパートオンリー。橋を境にして、個性が異なる二つのスポットがあるのは、全方位を海に囲まれた江の島ならではだろう。

藤沢エリアで屈指のファンウェーブだが、唯一の欠点は波が立つことが少ないこと。台風が北上したり、大きな低気圧が沖合を通過した後にしかブレイクしないのだ。さらに潮位にも敏感で、サーフィンが楽しめるのは、年に数えるほど……。それだけに“ザ・デイ”には多くのサーファーが集まるので、ルール&マナーは厳守で楽しみたい。

DATA

湘南港(橋横)

国道134号線から江の島へ向かう橋の東側

RECOMMENDED BY

「橋横は、江の島のアトリエから唯一歩いていけるサーフポイント。気軽に楽しめるいい波。まさにMake my day! 」

カザマナオミさん